寝ている間、脳は休んでいるわけではない。睡眠メカニズムの研究によって、レム睡眠のとき、脳が活動していることは明らかになっている。この睡眠中の脳の活動に注目し、記憶の整理・定着化を突き詰めて「寝る前1分 記憶術」を編み出した勉強コンサルタントの高島徹治氏に、そのポイントをうかがった。

眠っている間にも
脳はしっかり活動している!

 「睡眠革命」という言葉を聞いたことがあると思います。グッスリ眠るためのセラピー療法などにも使われますが、そちらは宣伝文句です。私のいう「睡眠革命」とは、これまでカゲの存在だった睡眠が覚醒時に勝るとも劣らない主役に躍り出てきた、という話です。

 睡眠は単なる「休息」の役割しかないと誰もが思っていたところ、脳科学の専門家たちが睡眠のメカニズムを研究し、その結果、脳は私たちが眠っているときにもよく働き、覚醒後の脳の働きにも大きな影響を与えることがわかったのです。

 いうならば、睡眠は「使える」ということになります。

 これはすごい研究成果だと思います。なにしろ、これまで私たちは「眠っている時間は脳も眠っている」と思い込んでいたのが、眠ってはいなかったのですから。

 私たちが「脳も休息させなければ」と、目をつぶって休息を与えていたところ、脳のほうは違っていたのですね。

 脳が自分で働いていた証しもあります。「夢」です。夢は、私たちの意思とは無関係に脳が働いているからこそ見るものです。

 脳の専門家たちはこの「夢」の生成過程に注目しました。私たちが見る夢は、どこかで起きているときの出来事や思いとつながっています。前日の出来事とつながっていたり、いつも考えていたり気にしていることと関係していたり、あるいは10年前の出来事につながっていたり、20年前の出来事と重なったりします。

 夢を見ない日もありますが、実はそれは見ないのではなく覚えていないだけで、本当は見ているのです。脳は夢を生成しているのです。

 専門家の中には「人間が覚えている夢は、その日見ている夢の1%程度でしかない」といっている人もいます。そのくらい私たちは毎晩、膨大な量の夢を見ているのです。

頭の中がよみがえる!
夢は記憶の再生工場

 脳は夢の生成過程において、何をしているのかというと、私たちの記憶を再生していると考えられています。これも脳科学者たちの研究による見方です。私自身の勉強体験からしても、本当にそのとおりだと思います。

 「夢とは記憶の再生である」と脳科学者たちは指摘します。私流に言い換えれば、「夢は記憶の再生工場である」となります。

 そして、この夢の再生作業に対して、寝る少し前に新しい“素材”を提供しようというのが、私の記憶術のキモにほかなりません。

 私たちが眠っている間の脳には、たとえば30年生きた人は30年分の素材が、40年生きた人は40年分の素材が再生工場の倉庫に積まれています。それらは全部古いものです。そこで、新しい素材を提供すれば、その分、新しい記憶の再生、夢の生成を行うはずです。

 私たちにとってありがたいことは、覚えている夢というのは、比較的新しい記憶から生成されたものだということです。

 たとえば、20年前に住んでいた家や街並みが夢に出てくるとか、だいぶ前に亡くなった人が登場してくるとか、昔の記憶がよみがえる夢を見ることがあると思います。ただ、覚えているのは、目覚めたときの一瞬で、顔を洗っている頃にはもう忘れていることが多いでしょう。

 ところが、前日の会議のシーンが出てきたり、2日前につくった企画書が出てきたり、あるいは1週間前に出会った素敵な女性や男性が出てきたりすると、案外、鮮明に覚えているものです。

 会社に行って、「今朝、夢に君が出てきたよ」といった会話をすることがありますよね。それは、夢の素材が新しいから鮮明に覚えていることと、もう一つは素敵な夢だとずっと覚えていたいという心理も働くのかもしれません。

 ここです。ここに、夢を自分の意思で利用しようというアイデアが浮かんできたのです。私はその考えに自信を持つために、そのときから睡眠と夢のメカニズムをきちんと勉強し、そして実践してみることにしたのです。

記憶を強化・定着させる
適正な睡眠時間は何時間か?

 夢の再生工場では、記憶の整理だけではなく、記憶の強化・定着化という仕事も行ってくれます。生きてきた年数分の記憶情報と前日に入ってきた新情報を照合・整理し、長期保存すべきものは大切に保存してくれるのです。

 記憶の強化・定着化というのは、古い記憶情報と新情報をつなぎ合わせて、

 「これはあなたの人生には関係ないからこちらへ」
 「これは生涯役に立つ情報だ」
 「これは今のあなたの目標達成に必須だ」

 などと仕分けをしてくれて、その上で役立つ情報だけをしっかり大脳に刷り込んでくれるということです。

 実にありがたいですね。こんなにありがたいことを放棄してしまうのが徹夜の勉強です。

 適正な睡眠時間は、人によって異なりますが、成人の場合は6時間~8時間ではないでしょうか。私の場合はだいたい6時間半くらいですが、レム睡眠(脳の浅い眠り状態。このとき脳は活動している)のサイクルとしては4回か5回です。

 この4回か5回の間に、脳がすごい仕事をしてくれるのですから、6時間半の睡眠時間は何としても確保しています。

 みなさんもぜひ6時間以上は確保してください。そして、少なくとも4回(レム睡眠が訪れる回数)は脳にしっかりと仕事をさせてやってください。

体の疲れを取る上で睡眠はとても重要です。人間の三大欲求の中に「睡眠欲」が含まれている事から分かる通り、体調などを維持するためにも睡眠が大切であることは言うまでもありません。

 

そして、この睡眠に障害が起こると不眠症となります。睡眠障害によってよく眠れていない感じがしたり、昼間に眠くなったりします。

 

不眠による生産性の低下や交通事故など、睡眠障害による経済損失は一年間で数兆円にも及ぶとされています。そのため、睡眠障害を改善することはとても重要となります。

 

 睡眠の役割

 

 ○睡眠の役割

 

 ・脳の休息
日中に活動することで疲れが出てきますが、脳が疲れて機能が低下するために睡眠が引き起こされる訳ではありません。睡眠は脳を休めるために必要な生理現象です。

 

そのため、睡眠の質が悪いと脳が十分に休息を取れていない状態となります。その結果、「いらいら」や「元気がない」などの症状が出てきます。

 

睡眠不足であると意欲がなくなったり体がだるかったりすることもありますが、これは脳が休息を求めているサインとなります。

 

また、睡眠の役割は脳を休めるだけではありません。ホルモン分泌や免疫増強、記憶の再編成などにも大きく関わっています。

 

 脳の休息

 

 ・ホルモン分泌
「寝る子は育つ」と言われていますが、これには理由があります。なぜなら、背を伸ばすなどの働きをする成長ホルモンは寝ている間に分泌されるからです。この成長ホルモンによって細胞の再生・修復などが行われます。

 

成長ホルモンは子供が成長するために必要不可欠な物質ですが、大人であっても関係ないわけではありません。この成長ホルモンが細胞の再生・修復に関与していることから、睡眠の質が落ちることで肌荒れの原因にもなります。

 

 ホルモン分泌

 

 ・免疫増強
寝ている時は体がリラックス状態となっているため、免疫力が増強します。かぜを引いた後に一度眠ると、朝には治っていることがあると思います。実際、「睡眠不足によって免疫力が低下する」という事が分かっています。

 

病原菌から身を守るために作られる抗体の産生など、免疫細胞は睡眠時により活性化します。そのため、これらの働きが悪くなると病気に対する抵抗力も落ちてしまいます。

 

 免疫増強

 

 ・記憶の再編成
記憶は脳の海馬と呼ばれる場所に一度蓄えられます。ただし、繰り返し刺激を与えないとすぐに忘れてしまいます。これは、記憶を一時的に溜めておく短期記憶として蓄えられるために起こります。

 

初めての電話番号などを聞いても思い出せないのは、短期記憶であるために忘れてしまっているのです。

 

これを記憶として取り出せるようにするためには、長期記憶として脳に定着させる必要があります。このときの記憶形成に睡眠が大きく関わっています。

 

ただし、記憶と言っても「知識としての記憶」だけではありません。記憶には自転車の乗り方やスポーツ技術の向上などの「手順記憶」が存在します。睡眠ではこの体の動作に関する記憶も定着させます。

 

一日練習しても出来なかった技術であっても、一日寝たら簡単に出来るようになってしまうことがあるのはこのような理由があります。

 

 記憶の再編成